ニキビ跡ケアレシピTH

  1. >
  2. 丈夫な肌を作るための知識

丈夫な肌を作るための知識

スキンケアを行っている方は皮膚のことをしっかり理解して行っている方は少ないです。

皮膚は内側から何種類かの層に別れていて、皮膚の一番外側にある角質層となり一定の期間留まったあと、剥がれ落ちます。皮膚は生まれてはがれ落ちるまで、約一ヶ月のサイクルで再生されます。これを「ターンオーバー」と言います。

美肌を保つためには、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーが正常に繰り返されていて、さらに水分が十分に保たれ、肌のバリア機能が働いていることが重要です。

丈夫な肌を作るには、日常から心がける重要なケアは保湿とUVケアです。化粧水後は水分が逃げないようにフタの役割を果たす乳液やクリームを使いましょう。UVケアはシミ対策はだけでなく、紫外線が肌そのものを老化させコラーゲンなどの生産量を減らしてしまいます。UVケアや化粧水、乳液を使う事を心がけ通年(毎日)行ないましょう。


メイクはしっかり落とすべき

必ずメイクは丁寧に落とす!

例え日焼け止めクリームだけでも、洗顔はした方がいいです。

私は乳液先行のスキンケアですが、乳液をなじませて、コットンを見るとかなり汚れています。時間がなくて、スキンケアできない!という人でも、少なくてもメイクはしっかり落とすこと。

下地だけでも洗顔は行うこと。

肌が乾燥するなら化粧水…といきたいですが、最近の洗顔フォームはしっとりタイプもあるので、万が一寝てしまっても、メイクさえ落ちていれば翌日変わってきます


スキンケア商品選びにおいて大切なこと

私は高校を卒業してからスキンケアに力を入れるようになりました。

元美容師の母は美容に関してとても詳しく、最初は化粧水や乳液などスキンケア商品を選ぶ際にはいつも母にどの商品がいいのか聞き、少し値段は高かったものの、その商品が一番良いと信じて同じものを使い続けてきました。

しかし、ある日友達の家に泊まりに行った際に化粧水を忘れてしまい、自分の使っているものよりもはるかに安いものを借りる機会があり、その時初めて違う種類の商品を使ったのですが、自分のものより肌に浸透する感じがして、翌日のお化粧ののりも良く、驚きました。

それ以来値段にかかわらずたくさんの商品を試し、お気に入りの商品を見つけることができました。

この経験から、人の意見や人気の高さを信じて商品を買うのもいいですが、肌質は人それぞれなので、色々な商品を試して自分に本当に合っているものを見つけることが大切だと感じました。


基本だけではなく、時にプロの腕にも任せることも大切

私の行っているスキンケアは基本毎日朝とお風呂で洗顔、お風呂上りに角栓をポロポロ落とすピーリングジェルを使用後に化粧水と乳液を塗っています。

1週間に一回、寝る前に顔のパックを行ってから就寝をするようにしています。

また、2,3ヵ月に一回、エステサロンでフェイシャルと背中のパックをやってもらっています。

自分では取れない汚れや筋肉のこりがありますので、肌の老朽化を防ぐためにも定期的にエステサロンに通うことはおすすめです。



トップ画像